有機野菜と無農薬野菜の違い

有機野菜と無農薬野菜の違い

有機野菜という言葉は、農薬を使わずに栽培された安全な野菜というイメージが浸透していますが、

 

実際のところ完全に農薬を使わずに作られているわけではありません。

 

有機野菜というのは化学肥料や農薬の使用は極力避け、
3年以上たい肥を使って栽培した土地から収穫した野菜という規定があります。

 

一部害虫対策のため、国の規定の範囲内で農薬を使っている有機野菜も
有機野菜として認定されます。

 

一方、無農薬野菜というのは本当に完全に無農薬で栽培されている野菜です。

 

害虫対策、病気の対策もすべて自然のものを使ったり、
自然の生き物の力を借りるなどして

 

人体に害のない方法で野菜を守り、育てて収穫された野菜が無農薬野菜です。

 

スーパーで売られているところを目にすることはめったになく、

 

安心食材宅配サービスでしかなかなか入手できないのが
完全無農薬野菜です。

 

page top