外国産牛肉の99%は成長ホルモンが使われている

外国産牛肉の99%は成長ホルモンが使われている

アメリカやカナダ産の安い牛肉は、
99%成長ホルモンが使われていることは有名ですね。

 

畜産農家の間では、肉牛が早く大きく育ってくれるので
エサ代コストが下げられ、とても有利に働くので
利用しているそうです。

 

ですが、いくら基準値を守っていると公言していても
実際には守れていない畜産農家もあるかもしれません。

 

基準値であっても残留する成長ホルモンの影響で
子供の成長に悪影響が出てしまった事例は多いですよね。

 

そんな成長ホルモンが残留している外国産肉、
日本のスーパーで普通に売られています。
しかも国産より安いので、節約主婦はまず真っ先に

 

外国産肉を買ってしまいがち。

 

できれば家族の食の安全のために
少し高めであっても国産肉を選ぶのが
賢い国民のルールだと思います。

 

残留する成長ホルモンの影響から、
がん発生の可能性を高めてしまうという
医学会からの警告もあります。

 

国産の肉に関しては、そもそも成長ホルモンの使用が禁じられているため
いっさいありませんのでその辺は安心してください。

 

これは、日本において乳がんや前立腺がんといった「ホルモン依存性がん」が増加している状況を、米国産牛肉に残留する成長ホルモンと関連があるのではないかという観点から、国内で流通する米国産牛肉と国産牛肉の成長ホルモン残留濃度を計測したものである。

 

 その結果、なんと赤身肉部分で米国産牛肉は国産牛肉の600倍、脂肪においては140倍ものホルモン残留が検出されたという。この研究結果はヨーロッパの学術学会でもレターの形で紹介されたそうで、国内外で少なからず反響を呼んだといえる。

 

引用元:ヤフーニュース

 

家族の食の安全のための食材宅配サービス

安全な、無農薬、減農薬の野菜や、
その他安全性が確認されている食材全般を
宅配してくれるサービスを利用することは

 

家族の健康的な生活のためには欠かせないことです。

 

とはいえ、家計の経済状況もありますし、
すべてを安全な食材に切り替える必要はないです。

 

野菜だけ、ハム、ウインナーなど添加物が多い食品だけを無添加安全食品に切り替える
などの部分的な利用でもOK

 

コストを低く抑えながら、
できる範囲で安全な食品を家庭に取り入れることでも

 

十分に家族の健康を守ることにつながります。

 

トップページから安全で、安く利用できる食材宅配サービスを比較しています。

 

無農薬野菜食材宅配サービス比較トップページへ

page top